完璧主義を活かす形で「記録するユーチューバー」をやってます話

完璧主義を活かすのサムネ

完璧主義を活かす

完璧主義な自分にとってソレはとても大事なコトでした。そして今、活かす形として記録するユーチューバーが出来ていると思っています。

今日はそんな話を書いておきます。

完璧主義を活かすコトを考えたい

完璧主義を活かそう!٩(ˊᗜˋ*)و

完璧主義を活かすも殺すも自分次第

完璧主義であるコトはマイナスポイントだと考えがちです。ボクはそう考えまくっていました。

ただ、完璧主義であるコトは一つの特性みたいなものです。長所も短所もあります。その長所を活かせるか?短所をカバー出来るか?コレはどう扱うかで変わるなと感じました。

完璧主義を活かせたら強い

完璧主義のメリットは、ハイクオリティに出来るコトや、ミスを減らせるコトなどがあります。

逆にデメリットは、ムダに時間をかけてしまうことがあること。誰かにも完璧を求めてしまうコトなどがあります。

この長所を活かすことが出来たら、良いモノを作れる資質として活かせます。

デメリットを抑えられれば、時間をかける必要がない部分は完璧主義が出ないように気をつけられます。他の誰かは完璧主義ではないことも認識出来ます。

自己認識して、長短を活かす意識が大切だと感じてます。

完璧主義を活かす「記録ユーチューバー」

記録するユーチューバー、向いてたなぁと思います(☆▽☆)

完璧に記録したい思いを活かす

完璧に記録したい。ボクは日々グーグルスプレッドシートだの、動画だのにコツコツと記録しています。

洋書を読んだ記録、トレーニングをした記録、ドラムの成長記録…全てを記録していきます。

事細かに記録している訳でもありません。どうやらソコを完璧にしたいとは思わないようです。

ただ、毎度毎度記録する、というコトについては完璧に行いたいようなんです。

ソレが活きて、成果を動画にまとめた時に皆様に喜んでもらえてる(?)のかなぁと思っています٩(ˊᗜˋ*)و

失敗したくない思いを活かす

完璧主義に限らずですが、失敗したくないって思いますよね。完璧主義はより思う…部分もあるかもしれません。

「〇〇を一年間やってみます!」そう宣言したりして始めるコトが多いボク。宣言すれば、途中でやめるコトは「失敗」ということになります。

失敗しても学びがありますので、構いません。ただ、失敗したいとはもちろん思いません。なんとしても防ごうと頑張りたいんです。

その失敗したくない思いが、活動に活きてるなぁと感じてます。途中で辞めにくくあれているのは、「失敗してなるものか!」という思いが強いからなんだろうなぁと思います。頑固とも言えるのかもしれません。

結果は完璧ではない、しかしソレがボクにとって完璧

記録するユーチューバーなので、記録した結果を動画にしてYouTubeにアップします。

ただ、すごい良い記録になっているコトもあれば、「特に変化ありませんでしたw」という記録にもなります。

変化がなかった記録なんて、完璧主義な人からすれば許せないモノ…とも思えるのですが、ボクにとってソレは完璧なモノでした。

「あまり良い結果にならないことが分かりました」という感覚です。その結果が完璧だと感じてます。

多分、プロセスを完璧にこなしてきたという思いがあって、その結果を受け入れられる…んだと思います。

完璧主義な自分でも生きやすい環境や状況を

完璧主義を活かすには、環境や状況が大切٩(ˊᗜˋ*)و

一人なら完璧主義でもあまり苦しまないように感じる

色々好き勝手していますが、この難しい性質を持っていてもある程度気楽に生きてられるのは、一人行動が多いからだろうと思ってます。

一人なら好きなだけ完璧主義を出せます。他人に強要することもありません。ラクです。

自分のペースで、自分の好きなように

誰かと一緒にやって、誰かと歩幅を合わせた方が成果が出やすい人がいると思います。

逆に、自分のペースでやった方が成果が出やすい人もいるはずです。ボクはきっと、そのタイプです。

完璧主義な人は、孤独に作業するか…誰かに強要するコトを良しとするか、上手くコントロールするか、そのどれかな訳ですが、ボクは孤独が心地よいです。

孤独ってさみしいモノですが、その分のメリットがありますね。いや、さみしいと書きましたが、一人で黙々と考え事をするタイプのボクは、それなりに楽しんではいます。

 

ちょっとダラっとした文章になってしまいましたが、完璧主義を活かすっていうテーマで書きました。

ではまた明日٩(ˊᗜˋ*)و