失敗は成功のもと!平気で失敗出来る人が得られるメリット7つ!

 

 

失敗は成功のもと!

 

こんにちは!

思考ドライブのスギノタカノブ(@tknbsgn)です(=゚ω゚)ノヨッ

 

前回の思考集記事はコチラ!!

イライラエネルギーをこっちの方向に変換したら幸せになれた話し。

 

突然ですがアナタは今までに失敗したことはありますか?

僕には山ほどあります。

 

あの時ああしていれば、(うあああああああ)

あの時こうしていれば、(わああああああ)

そんな風に思えることなんて沢山あります。

 

今までで一番大きかった失敗は・・・

スイマセン、これを言うと沢山の方の批判を浴びるかもしれないのでやめておきます。笑

 

まぁとりあえず大きな失敗なんていくつもありました。

 

でもきっと、みんなありますよね。

あなたにも、きっとありますよね。

今更もういいかってなっているか、

言える内容じゃなかったりするだけでね。

 

それは、例えば保育園幼稚園の時代であれば恥ずかしくも何ともない思い出だと思いますが、

小学生にもなれば恥もあり、

中学生高校生ならいまだに忘れられない思い出かもしれません。

 

そう、思い出してはベッドの上でゴロゴロして、

「うぁあああああああ!!!!」

と叫んでしまうあの元厨二病の発作みたいなアレです。

(画面の向こうのアナタ、伝わるだろうか・・・)

 

人生は失敗から学んでいく

 

 

でもでも、そんな辛い失敗ですが、

人生での学びって、ほとんど失敗からの学びじゃないですか。

 

それは別に、自分が失敗したことだけじゃなくて、

過去の歴史上の人たちが失敗したことだったり、

反面教師みたいな悪いやつのを失敗を見て学んだりとか。

 

その失敗を見て、知って、だったらこうしなきゃいけないんだなって思って

成長していくじゃないですか。

 

ここでちょっと名言を載せておきますと、

 

私のやった仕事で本当に成功したのは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。

本田宗一郎

 

私たちは失敗はしない。勉強しているだけだ。

アン・ウィルソン・シェイフ

 

失敗しないことをいつも最優先に考えて行動していくと、無意識のうちに徐々に失敗していくともいえる。

佐々木直彦

 

ということで、失敗は成長、成功に欠かせないんじゃないの?

となるわけですよ。

 

で、こんなこと書きながら僕は失敗がめちゃめちゃ怖いです。

なのにいつも、失敗に向かって真っ直ぐ進んでいきます。

失敗を愛してしまっています。

辛いのに。

メンヘラさんの如き精神。

 

失敗を愛してしまうのは、

いや失敗を愛してるわけじゃないんですけども、

失敗する可能性があることにどんどん向かっていってしまうのは、

そこに欲しい未来があったり、

可能性があったりするからで。

 

もはやギャンブル精神です。

ギャンブルって負ける%の方が高いってわかっていても、

なにか一瞬で大金が入ってくるんじゃないか、

と思うからみんなどんどんお金を入れるじゃないですか。

 

まあそんな感じです。

 

ホリエモンさんも

成功者とか社長とかはみんなバカだ

って言うのはそういうことなのかなって思います。笑

 

失敗が怖くなくなればいいのだよ

 

 

失敗が成功のもとになるということは間違いない。

しかし失敗は怖い。

金銭的にもダメージを受けたりする。

しかしそれでも、失敗するリスクを受け入れて挑んでいかなければいけない。

 

そういう姿勢を保つ為にも、

しっかりと心にメリットを刻み込んでおこうということで、

失敗のメリットを挙げておきます。

 

失敗したって全然問題ないどころかお得だぜって精神で

アナタも僕も、いっぱい成長していこうじゃないですか(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

失敗のメリットその①失敗しても死なないことが分かる

 

人生って沢山の怖いことがあって、

実際起きるかも分かんないことにおびえることの出来る

この賢い賢い厄介な頭があって。

 

本当は大したダメージは食わないことでも

大ダメージになるあらゆるパターンを探して想像して

挑戦を止めようとする僕達の頭の仕組み。

 

 

しかし!!

失敗すると分かる。

 

 

あ、死なねぇな。

 

 

なんだこれ、全然大丈夫じゃん?(๑•̀ㅂ•́)و✧笑

 

借金8桁になった人も9桁になった人も、

全然元気に生きていて、

なんなら僕達より遥かに元気に人生を楽しんじゃってて、

開きなおっちゃってて・・・。笑

 

しかもそのあと借金返し終えちゃって、

借金あるときですら元気だったのが借金なくなっちゃたらもう・・・。

 

なんだよなんだよ。全然大丈夫なんじゃん!!

 

失敗すればするほど分かる。

人生は、大丈夫なのだと!!

 

今まで僕達が何か夢を語るたびに脅かしてきた

自分自身の恐れも、誰かの脅しも、

アレは盛りすぎだったのですね(´▽`)笑

 

失敗のメリットその②勇気ある挑戦者と認められる

 

 

そんなスーパー成功者じゃなければ、そこらへんに沢山いらっしゃるわけですが、

お話しを伺えば失敗談なんてどれだけでも出てくるもの。

 

ビビったときも沢山あれど、失敗するかもしれない中で勇気出して

進みまくってきた人達からすれば、

リスクに向かっていける精神は応援したいものなんでしょう。

 

僕自身、失敗の可能性を理解した上でもガンガン突き進む人がいれば尊敬しますし、

失敗を恐れない人って、どう見ても成功しますよねって思う雰囲気感じちゃいます。

 

失敗のメリットその③成長出来る

 

失敗する=成長なんてことではありませんが、

失敗は大きな成長に繋げられる要素ではあるじゃないですか。

 

流れとしては失敗したという自覚から、

何故失敗したのだろう?と考えて、

原因はコレかもしれない、

次回はこうやってみようとなって、

新しい一歩が出ていく。

 

これがもし失敗しなかったら、

上手くいってる上手くいってる♪

これでOKだ♪

~終了~

 

というわけですよね。

 

失敗しないってのは自分の範囲を超えて挑戦していないのかもしれない。

自分の範囲を超えていこうとすれば失敗は多かれ少なかれ必ず起こるはずですからね。

 

失敗したなら自分の範囲を超えてチャレンジしようとしたということであり、

改善案を考えて次の一歩を踏み出した時にはもう

以前の自分より一歩進んだ、成長した自分です。

 

 

こんなこと書いてたら今すぐ失敗したくなってきたぞうぉおお

 

失敗のメリットその④老後の後悔が減る

 

 

ご老人の皆様に

「人生で後悔していることは何ですか?」

というアンケートをとると、多くのご老人が

「やりたいことをやらなかったこと、挑戦しなかったこと。」

といった解答をするんだそうです。

 

人生で怖いのは、クライマックス、最後に後悔だらけになること。

 

僕の、アナタの老後はどんな風になっているかは誰も分からないのですが、

間違いなく、自分の心に従って夢や目標に向かったその挑戦数が多ければ多いほど

後悔が少なくなるのは間違いない。

 

ってことは、挑戦するしかないですし、失敗もどんどんするしかないですよね。

それが最後の「後悔の無い人生だった」と思えることに繋がるのなら(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

失敗のメリットその⑤話しのネタが増える

 

失敗話しって成功話しより皆楽しんでくれるんですよね。

 

想像でスリルを味わいたいのか、

悲惨な話しを聞いて自分は大丈夫だと感じるのか、

「うぅわ~それやっばいね・・・!」

てなるほど皆楽しくなっちゃうもの(´▽`)

 

失敗すればするほど皆が楽しむ?

そして自分も成長する?

後悔も減る?

死ぬことは無い?

 

おいおいおいこれはもう失敗するしかないでしょう。

 

失敗のメリットその⑥親近感が湧く

 

 

完璧超人なんて面白くない。

 

ダメなところがあって近しく感じて分かり合える(´▽`)

 

数は関係なく、その人にとって充実した人間関係があるかどうかは

きっと人生の大事な要素。

 

その要素に貢献する失敗談。

 

やばいやばい。

もうここまで来たら失敗しないように生きるなんて選択肢はあり得ないレベル。

 

 

失敗のメリットその⑦人生が面白くなる

 

 

面白い人生ってどんな人生でしょう。

 

刺激的な体験があって、

ドキドキワクワクすることがあって、

未知数が沢山あって、

冒険みたいな人生だとしたら。

 

刺激には辛さが必要で、

ドキドキワクワクには緊張が必要で、

未知数にはリスクが必要で、

冒険には不安が必要。

 

やっぱり人生は、失敗する可能性があることに向かっていく姿勢が必要なんですね(´▽`)

 

まとめ

 

 

最高の人生に失敗は必要不可欠!!

 

しかし失敗は辛いのは間違いない。

 

その辛い失敗の受け止め方、考え方、

次の行動に移す自分なりのメニュー、

ルーティンをちゃんと持っておいて、

どんどんリスクに向かっていきましょう!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

そういえば余談ですが、なんかのセミナーで、

「〇回以上起業で失敗した方いますか?」

と聞いて、少しだけ手をあげた人がいて、

「その方々で年収が何千万円以下(金額忘れちゃった)の方っていますか?」

と聞いたところ手がちゃんと下がったようです。

 

真剣にやり続けてずっと失敗し続ける、ということも逆に難しいものなんでしょうね。

 

 

んじゃバイバーイ!!