年月をかけた作品を作るか、小さな作品を沢山作るか問題

今日は「ふ~む」と思ったコトを書いてるだけのまったりスタイルですご了承ください(。-人-。)

時間をかける作品?毎日作る作品?

YouTubeで色んな映像を見て、本当に色々なスタイルの方々がいらっしゃるな~と思い、「年月をかけて一つのモノを作るか、小さなモノを小出しにするかって悩ましく思うよなぁ…」ということで書き始めました。

ただ、結論として「適している場合にはどっちも正しい」ってコトになるか…とも瞬間的に思いました。どっちも、適していればしっくり来ますよね。

小さな話題には短い内容でサラッとしたクオリティで十分楽しめます。かなり濃い話題であれば年月をかける程に濃い楽しみがあります。その内容によって最適解は違いますね。

ただ、なぜコレを悩ましく思うかというと…「年月をかけて作ったけど、多くの方の期待に沿えずに外してしまう場合がある」コト。そして、「サラっと小出し大量生産した方が、もしニーズをとらえられたなら儲かる」という2点がある為です…。

すんごい大砲作っても当たらなければ意味はなく。小さな拳銃打ちまくって何発も当たれば威力として十分…。悩ましいですね本当に。

だから、濃い作品を作る人たちは濃いファン層に支えられる必要があり、ファンクラブなりなんなりで定期的な収益を頂いて、安定感をもって作っていかないとやってられないだろうなぁと…。

小出しの作品はメリットが多いのか?

逆に小出し作品を大量に作る場合は、コツコツと続けられる形で出していけばいい。ただ、薄めのモノは他の人も真似しやすいデメリットがあり、結局はしっかり個性があったり競争優位性が無いとダメで…どっちにも悩みがありますな…。

どちらのスタイルでも、しっかり年月をかけて取り組んでいれば応援は頂けると思う。頑張っているんだな、応援しようと。その点についてはあまり差がない…気がする。

こういうモノを作りたいなぁってイメージがあって、ソレに適したスタイルを取る。ただ、大きくいくなら細かく支えてくれるチカラが必要。そんな感じですね…。

時間をかける&毎日のハイブリッドで

後、大きなモノと小さなモノの両方をやるっていうのも良いなぁと。狙ってそうなった訳ではないのですが、ドラムチャレンジやトレーニング実験と、このブログの毎日投稿とも、そんなカタチになってますね٩(ˊᗜˋ*)و

もう一つ、音声メディアの方もやっていきたいなぁと思いつつちょっと手が止まってしまってるんですけども、ソッチもコツコツ小さく重ねるスタイルでやったらいいだろうなぁと思ってまして…。

ブログはさして柱となってはいませんが、もし細くても柱になってくれたなら、大きなモノと小さなモノの良いところを活かしながら活動していける。良いですなぁ。

コツコツ続けていこうと思います♪

では、駄文失礼いたしました。また明日も書きます。よろしくお願い致します。