苔玉での植物の育て方と成長の様子:水やりの具合や肥料なども

苔玉スモトくん 二回目の水やり

苔玉で植物を育ててみましたので情報をまとめておきます。苔玉を買ってみたはいいけどどうしたらいいの?と思っている方は是非参考にしてみて下さい。

苔玉との出会い

苔玉との出会いは、淡路島の中心街「洲本(スモト)」。

レトロ小道というおしゃれな場所があるのですが、そこでおばぁちゃんがやっているおしゃれなお店がありまして、そこで買ったのです。

苔玉と植物の画像

苔玉と植物

おおう。なんとオシャレなやつ!なんと器つきで800円で販売されていました。激安すぎるので即購入。

 

洲本のおばあちゃん

洲本のおばあちゃん

袋に入れて持ってきてくれました。すんごい優しいおばあちゃんでしたね…他にもアクセサリーとか器がスーパー激安価格で販売されていましたヤバい。

命名

購入した帰り道、即命名しました。洲本で購入したので、スモトくんです。

ひきこもり生活でペットが欲しいなと思っていたので、この出会いは本当に嬉しかったです。はい。

苔玉の育て方

という訳で、自宅にやってきたスモトくん。おばぁちゃん曰く、「苔玉がお皿に触れているお尻の部分があるでしょ?ここが湿っている内はまだお水をあげなくていいの。」とのこと。

なんか苔ってすんごいいっぱいスプレーするイメージなんですけど、あげすぎちゃダメなんだって。(僕はあげすぎて枯らしたことがあります…)

で、底の湿り気がなくなったら、スプレーをブワー!っとかけてたっぷり湿らせるとのこと。お尻が濡れまくり状態になるまで。そんだけでOKなんだって。

あと、植えてある植物は育ってくるから、適切に選定してねと。

でもそれだけのアドバイスじゃ心配で、ちゃんと調べました。すると…

  • 日陰を好むが多少の光は必要。つまり半日陰がベスト
  • 湿気が強いのはNG。風通しの良い場所で。風通しが悪いとカビが生える。
  • 苔玉が軽くなっていたら水不足状態。
  • スプレーじゃなくても、バケツなどに水を溜めて5分間沈めてやれば水やりは終わり。
  • 完全に乾燥してしまうのは良くない。1~2日に一回は軽くスプレー。
  • 肥料はいらない。
  • 2~3年で植え替え(一回こけをはがすことになる)

ということらしいです。

よし、つまり適切な場所に置いて、毎日ちゃんとお水具合をチェックしてあげれば良いのですね?

では育ててみよう~!

スモトくん

スモトくん

ということで、これから育てている様子を追記していきます。

この記事に追記していく感じで書いていきます。どうぞスモトくんを宜しくお願い致します。

苔玉への水やり

お尻が乾いたので、ネットのアドバイス通り、水にひたすスタイルで水やりをしました。

苔玉の水やり

苔玉の水やり

カルキ抜きをした方が良いと昔教わったような気がするのですが、洲本のおばあちゃんはそんなことは言っていなかったのでそのままやりました。

5分間つけましたが、果たしてこれで良かったのか、スモトくんで実験です。表面を触った感じは、びちゃびちゃ感が無い。大丈夫なのか?

更に数日経って二回目の水やりをしたスモトくん↓

苔玉スモトくん 二回目の水やり

苔玉スモトくん 二回目の水やり

はい、また五分間お水に浸かってきました。生き生きとしてますね!

苔玉が茶色くなってきた!2018年6月15日

その後一か月程が経ったのですが、スモト君が段々茶色っぽくなってきました…。

やばい!枯れる!と思い原因を考察。多分湿り気があまりキープされていないのでしょう。

ということで、定期的にお水に漬けるのとは別に、スプレーをしてあげることにしました。

そしてちょっと復活した状態がこちら↓

少し茶色くなった苔玉スモトくん

少し茶色くなった苔玉スモトくん

ちょっと茶色っぽくなっているのが伝わるでしょうか…。超心配しました…。僕の家族ですからね…。

で、スプレーの中身もただ水道水を入れるだけじゃなく、有害なカルキを飛ばす為に一日日光に当てました。

これで毎日、ちょっと乾いたかな?と思ってはスプレーをするようにしています。それでも苔玉本体の水分は飛んでいくので、プラスアルファで水風呂に入れてあげる感じですね。

しばらくはこのスタイルで行きます!