朝の支度時間を早くする方法:家を出る何分前に起きる?

朝の支度には何分くらいかけていますか?女子と男子でも差がありますし、職業柄の違いもあるでしょう。その朝の支度時間がもし60分だとしたら、それは相当もったいないかもしれません。

その60分をせめて15分。いや、10分にしてみたくないですか。世の中には5分で家を出られる猛者も存在します。

今回は朝の支度時間を早くする方法を考えて、自分で実験をしてみた記事になります。是非参考にしてみて下さい。

朝の準備が早い人になりたい

何故朝の支度時間を短縮したいと思ったのか。それは、単純に時間がなくなってきたからなんです。

働く時間を増やそう活動をしているのですが、働く時間が増えちゃうと睡眠八時間なんてとれないスケジュールになっています。(帰ってきたら既に起きる時間の8時間前)

そこで、時間の使い方を見直そう、ムダがいっぱいあるはずだ、と思ったんです。

なぜ支度時間がかかっているのか?

元々、朝の支度時間は余裕を持って出発60分前くらいに起きていました。

しかし、不思議なことに60分あれば60分あるだけの行動をしてしまうんです。

つまり、強制的に短い時間にする必要があるとも思いました。

皆の支度時間は30分~90分

色々下調べをしましたところ、どうやら皆様、支度時間は30分~90分がほとんどらしいですね。

その内容は

  • 朝食
  • メイクやヘアセット
  • ニュースチェック
  • SNSやメールチェック
  • ギリギリまで寝ようとする。

って感じだそうです。想像通りですね。

朝からランニングを頑張る方々はもっと時間がかかりますが、彼らは朝にランニングをすることで一日のスイッチを入れているそうなので、その過ごし方ならムダではありませんね。

起床後5分で家を出られる猛者(女子含む)

そして、今回目標とする起床後10分以内に用意して家から出発出来る猛者なのですが、なんと100人に1~2人しかいないようです。

つまり、それが出来るようになれば、上位1%の人間と言えるかもしれません

そして、今よりもっと時間があったらやりたいことは?→「もっと寝ていたい」がトップです。日本人は睡眠不足だって言いますしね。

前日からの準備と仕組み作り

更に突っ込んで調べていきますと、10分以内に家を出られる猛者達は、着替えに悩まないのはもちろんのこと、明日の準備を前日にしっかり終わらせているようです。

前日にバッチリ用意して、朝は決められた服を着て、用意したものを持てばOKって状態にして一日を終えている訳ですね。なるほどです。

前日にしっかり用意することで忘れ物も減りますし良いですよね。あと、持っていくものは全て玄関に置いておくのが最強です。

用意して玄関にいけばもう出られるスタイルですね。

朝ごはんは2分で

調べによると、朝ごはんは食パン派が多いようです。しかし、食パンを焼く時間がもったいない。

せめてご飯。もしくはシリアル。しかし咀嚼に時間がかかる為、プレーンヨーグルト1パック一気食いが最強だと結論づけます。

でもプレーンヨーグルトをとるだけじゃお腹は空きます。耐えられればそれでOKですが、耐えられない感じだったら焼かずに食パンとかもあり。

卵かけご飯も高速で食えるコスパ飯ですよね。

本当に最強なのは食わずに出る、なのですが、誰でも真似出来なきゃしょうがないなと思うので、今回はヨーグルトで実験していきます。

朝の寝癖直しがタイムロス

ちょっと女性事情は深くは分かりませんので今回は男性事情限定で言いますが、男は寝癖をいかに短時間で直すかにかかってますよね。

時間のことを考えると、水を浴びせて、即ドライヤーをするしかありません。

別に髪型はなんでも大丈夫!って方はココを削減できるので羨ましいですね~。坊主が一番楽です。

この髪型セットもタイムを計ってやってみて、何か改善する必要があれば改善します・・・

ルーティン化

最後の準備情報として、朝の用意が早い人は行動に一切悩みがない。コレは間違いありません。

悩んでる分だけロスしますし、そのロスは朝の支度時間改善チャレンジにとって大ダメージですからね!

というわけで、朝の行動を完全にルーティン化させて、極限までムダを排除すること。

コレがしっかり出来るだけで夢の10分以内。いや、5分すら達成しかねないかも…?

いよいよ実験開始

ここまでで前準備情報は完璧。

  1. 【前日】翌日の持ち物は前日夜に玄関に置いておく
  2. 翌日の服は決めておく
  3. 念のため5分だけ余裕を持って、出発15分前に目覚ましかけておく
  4. トイレダッシュ
  5. ヨーグルトマッハ食い
  6. 髪は冷水ドバーでドライヤーをガー!洗顔をバシャー!化粧水ピシャー!コンタクトヒベシー!をものすごいスピードで行う
  7. 着替えて歯磨き→出発

予定では10分ジャストです。

タイムを計ってみる

ということで、タイムを計ってみました。

  • トイレダッシュ(2分)
  • ヨーグルトマッハ食い(2分)
  • 髪は冷水ドバーでドライヤーをガー!洗顔をバシャー!化粧水ピシャー!コンタクトヒベシー!をものすごいスピードで行う(5分)
  • 着替えて歯磨き→出発(5分)

計14分。

5分すら目指していたのですが、10分すら切れませんでした。

でも、5分だと髪をセットするなんて無茶なのです。

更に短縮したければ、いさぎよく「髪はセットしない」。

そして「朝食は食べない」。

「トイレも我慢する」(仕事先でする)。

歯磨きと着替えだけでGO。

よし、コレでもう一度実験してみましょう!

再実験

再び実験しました。

  • 起床→歯磨き(3分)
  • 着替え(2分)
  • 昨日に用意しておいた荷物を持ち出発
  • 合計5分

5分出ました!凄い!

とか言って、実はそのあとが散々だったんです。

まず、トイレ行ってないので、仕事先まで地獄でした。

何でこんな実験をしてしまったんだろうと悔やんだほど辛かったです。

そして、髪をセットしていないためぺっちゃん。見た目が悪すぎました。

あと、ご飯何も口にしてないので、お腹が減りまくります。かつ、口臭も悪くなります。

そんなこんなが重なって、最悪だと感じました。

5分は無茶です。

人と合うのに最低限の身だしなみは整える必要があります。

まとめ

  • まともに生きている人→15分まで短縮出来る
  • ちょっと凄い人→10分くらいまで
  • 全てを投げ打ってでも時間が欲しい人→5分で

という感じです。

とりあえず、5分で出ようと思ったら出れます、ということでした。

15分ならまともな状態まで整えられますよ。髪型セット込みでも。

コツは、支度の順番を決めておいて、全部その通りにやること。

迷いがないだけでめちゃくちゃ早くなりますので、是非順番を決めてやってみてください!

では他の記事もどうぞ!

ツイストパーマで髪型セット時間を無くしてみた記事はこちら