YouTuberを仕事に出来るのか?僕の活動記録や機材やその時々の心境を全て書いた。

ユーチューバー活動の全履歴と考えてたこと

僕が兼業ユーチューバーを目指して活動してきた全てをこの1記事に残してこうと思います。YouTuberやってみようかな?と思う方の参考の一つになれば幸いです。

YouTuberを目指したきっかけ

YouTuberを目指したきっかけですが、そもそもYouTuberを目指して始めた訳ではありませんでした。

ドラムをやってみたいなーと思っていたら、まぁ色々あってドラムやってみようということになり、だったら動画アップしようぜ(ハラショーさんのアカウントで)ということになり、ドラム講師のハラショーさんに毎日の成果報告としてドラムの様子を見せる為にYouTubeにアップし始めたのです。

それが、「あれ…なんか…面白くなってきたかも…?」ってな感じになりまして…以下省略。

使用機材の経歴

現在の機材:パワーディレクター16の安いやつ。1万円セット。ペンタックスの一眼レフカメラ(嫁のもの)に32GBのSDカード。SLIKの三脚。

ソフトを購入:はじめて45日目くらいで購入。パワーディレクター16の1万円セット。スマホでパワーディレクターを触っていた流れで買った。他にも安いソフトが出ているけど、ぶっちゃけ触り慣れているソフトならどれでも良いんだと思う。僕はパワーディレクターで行く。

ライトを購入:一眼レフにつけられる安いLEDライトを買ってみた。バッテリーも販売されていたが、電池で使ってみた。電池の消耗が案外激しかった。その後、ソフトの編集で動画を明るくする方向に変えた。後々またしっかりとしたライトを買おうと思った。

はじめに買ったもの:32GBのSDカード。それまで2GBのSDカードを使っていて、動画が10分しか撮れなかったからめちゃくちゃ大変だった。それで一か月くらい頑張って撮り続けた。マジで悲惨だった…。辛い。

はじめた初期の機材:スマホ。スマホのみ。ただそれだけ。

YouTuber活動の経歴と、その時の心境

65日目まで:総再生回数が2000回、チャンネル登録者数が20人に。一人増えるごとに飛び跳ねて喜んでいる。三日間連続でチャンネル登録者数が増える夢を見て、どんだけYouTubeに意識集中させてんだwと自分でも驚く。

動画の内容を、ダラダラ全て流すよりも、タイトルに沿った絞った内容に変更。これは「そのタイトルに興味がある人にとって、内容は全て沿ったものでなければな」という思いから。

また、沿ってない内容だと最後まで見てもらえない可能性が高いであろうと。最後まで見てもらえないとYouTube側からの評価が下がりやすいので、多分これは大事なはず。

あと、XJapanの叩いてみた(?)動画がスパっとヒットしたのを機に「小さな市場よりも大きな市場を」という意識が芽生える。月に10回再生されるより、月に1000回以上再生される可能性がある市場で戦い、全てには勝てなくても、たまに勝てばでかい、というスタイルを考える。

内容を絞ったので編集が早くなり、動画撮影一時間、編集一時間の二時間で収まることが増える。

「企画が全て」だと有名ユーチューバーさんがいつぞやに言ってた気がするが、それも少し感じてきた。

同時期にYouTubeを始めたブロガーさんは既にチャンネル登録者数2000人で、力量の差を感じる。

50日目まで:少しずつ少しずつ全動画の総再生回数が増え始め、チャンネル登録者数もポツリポツリ増えて、16人に。一人増えるごとに大喜びした。登録してくれた人、本当にありがとう。嬉しかった。

動画制作・編集にやっと慣れてきて、撮影に一時間、編集に一時間~二時間程度になった。大体の型も出来てきて楽になってきた。動画編集中に一人で笑うこともあった。笑

ヒカキンさんも自分の動画で笑っていたので、まぁこんなもんなんだろうと思う。

まだチャンネル登録者数1000人は程遠いけど、見てくれる人が16人もいるんだと思うとやる気が湧いてきた。見てくれてありがとう。

元々CMの編集などをやっていた動画のプロの方に見せたら「編集は想像以上に頑張っていて驚いた!ただ、惜しいところがいっぱいある。」と言われ、少し指摘してもらった。「こういう方向性はファンがしっかり着いたら伸びるから、今が辛い時期。耐えて頑張れ。」という旨の励ましも頂いた。

なんかいける気がする。まだこんなに遠いのに、なんかいける気がする。一年で行けなくても、いつか行ける気がする。そんな心境だった。

あと、1000人にならないと広告は貼れないけど、概要欄にアフィリエイトリンクを貼ることが出来るから、これから始める方はそこも着目したらいいかもしれない。僕はまだ貼っていないが。

因みに、14人の時に「今ユーチューバー活動始めた!」→「今何人?」→「14人!」→「爆笑」ということがあった。笑

これが最初の壁。ブログと違ってユーチューバーは存在を出していくから、知名度が無い間はかなり恥ずかしいと思う。

そういうことに耐えきれない方は顔とか存在を特定出来ないチャンネルを作ればOK。結果が出れば全て良しなので、顔出しはしなきゃいけない訳ではないと僕は思ってる。

30日目まで:積極的にTwitterに書いたりするが、チャンネル登録者数は一向に増えなかった。YouTubeで収益を生むにはチャンネル登録者数が1000人にならないといけないので、遠い道のりだなと感じていた。

それでも何故か、「なんとなくいける気がする」と思っていて、毎日投稿を続けた。

なんとなくいける気がしたのは、ブログに似ているんじゃないかと思っていたから。

ブログも最初はアクセスが0で、誰も見てくれないところからスタートする。そこから、大体100記事くらい書くとポツポツとアクセスが増え始めて、何処かのタイミングで少しずつ花が開いてくることを経験していたから、きっとそういうものだろうと思っていた。

また、YouTubeはGoogleが運営しているから、ブログを通してGoogleと戦ってきたSEO知識が活かせると思った。Googleが何を求めているのか。どんなことに気をつけて欲しいのか。ユーザーに対してどうあってほしいのかを考えることが出来た。

が、まだ資金力も無く、こうしたいけど今はまだ出来ないということも多々あり、もどかしい気持ちを抱いていた。

あと、低評価が連続でついた時期があって、結構悩んだ。コメントで具体的に指摘される訳じゃないから、どこを不満に思って低評価されているのか、考えて考えて、今出来る改善をしようと取り組んだ。

本当の初期:最初の最初はユーチューバーになろうとしていた訳じゃなかったので、適当にアップした。けど、数日経って編集をしてみたくなり、スマホに動画編集アプリ「パワーディレクター」を入れてみたら、案外楽しかった。

ここからユーチューバーっぽいことしてみよう!とテロップを入れたりBGMを入れだしたりして、クオリティを少しずつ上げていった。毎日の成長が楽しかった。(再生回数はほぼ無かった)

この頃はカットにかなり力を注いでいた。無駄な時間はあってはいけないと思い、かなり切り詰めて動画をカットしていた気がする。不自然な会話にしてでもカット!という感じ。