WEBライターの仕事をしてみよう!引きこもりでも楽に出来ます

WEBライターの仕事アイキャッチ画像

今回は現役WEBライターによる僕が、WEBライターの仕事内容と、WEBライターになるにはどうしたら良いかを書きます。

WEBライターは在宅で出来ますので、僕のような準引きこもりでも可能。是非チャレンジしてみて下さいね。

WEBライターの仕事内容

WEBライターと一口に言っても、ちゃんと取材をしたり企画をしたりするWEBライター様もいれば、僕のようなキュレーションサイトの記事を書くWEBライターもいます。

取材をするような記事を書く方は、大変な仕事内容に見合ったお給料をもらえますが、キュレーションサイトの記事を書く僕のようなスタイルだと、一記事あたりの単価は低くなりがち。

とはいえ、ちゃんと仕事をすれば月に30万円を稼ぐことだって可能です。(因みに本気出せば月60万円くらいまでは狙えると思います。)

僕のようなライターですと、記事の内容は様々。戦闘機のこと、DIYのこと、花のこと、魚のこと、ネット上にあるあらゆる情報をまとめて記事にする感じですね。

なので、すんごいどうでも良い知識がいっぱいつきます。ドチザメの食べ方なんて、いつ使うのか分からないですよね…。あと、世界最強の昆虫とかね…。雑草とかも詳しくなりましたね…。笑

でも、そんな色んな知識を学ぶのが仕事みたいなところがありますので、在宅でほのぼのと楽しく仕事したい方におすすめの仕事なのです。

WEBライターになるには?

さて、WEBライターってどうやってなるの?という話しなのですが、超簡単です。まずはクラウドソーシング系のサイトに登録しましょう。

僕はクラウドワークスを使っていますが、ランサーズってところも有名ですね。どちらも登録しておけばいいのではないかと思います。

今回はとりあえず、僕が使っているクラウドワークスで話しを進めていきますね。

クラウドワークスへの登録

まず、クラウドワークスへ登録しましょう。下記のボタンから登録が出来ます。

クラウドワークス

その際に色々と情報を入力しますが、経歴だとかなんだとかは適当で大丈夫です。皆一記事も書いたことが無い、未経験からのスタートなのですから、いきなりかっこいい経歴なんて持っていません。

ただ、どんなことに興味があるのかとか、仕事をする時は期限を守るだとかは書いてもいいかもしれませんね。

本人確認も

クラウドワークスでは身分証明書を登録することが出来ます。こうして本人確認をちゃんとすることにより、信頼性が上がるのです。

僕も初期の頃、本人確認の手続きを行いました。これはやっておいた方がいいでしょう。

仕事開始

ライターに練習などはありません。いきなり仕事を開始しましょう!とはいえ、何をどうすれば良いの?という感じですよね。

まず、タスクという仕事をしてみて下さい。

クラウドワークス タスクのタブ

クラウドワークス タスクのタブ

タスクのお仕事はとても簡単なお仕事ばかりです。クリックするだけとか、サイトを見て100文字ほどの感想を書くだけなどです。

このタスクのお仕事をいくつかやって、クラウドワークスではどんな風に仕事をしていくのかを体験してみましょう。

経験不問タブへ

次に、経験不問というタブに挑戦していきましょう。タスクはあまり稼げませんので、慣れてきたらすぐに経験不問へチャレンジしてください。

クラウドワークス 経験不問タブ

クラウドワークス 経験不問タブ

経験不問のタブを押すと、沢山のライター募集案件があるはずです。

文字単価は0.1円~3円くらいまでが多いでしょうか。文字単価が高いほど狭き門となります。

まずは0.1円クラスの文字単価でもいいので、ちょっとお世話になってみましょう。あまり良いお金にはならないかもしれませんが、そのお仕事をやることで「WEBライターです。経験があります。」と言える状態になります。

次に狙う仕事

安い文字単価のお仕事も少しこなしてみたら、次は0.5円くらいの文字単価を狙いにいきましょう。0.5円~1円と書かれていれば、いずれ1円になる可能性があります。(僕もその流れで1円になっていきました。)

1円までくると、普通に生活出来るレベルになってきます。しかし、すぐに1円を狙いに行くと大変かもしれません。

まとめると

流れとしては「登録→タスク→安い案件→まともな案件」という流れです。最初は不慣れで大変に感じることもあるかもしれませんが、いずれまともな案件もこなせるようになりますので、ゆっくり進んでみて下さい。

また、記事を素早く書く為の書き方は下記リンクにまとめてありますので、参考にしてみて下さいね。(因みに僕はかなりスピーディーなライターだと言われていますので、このやり方は合っているんだと思います。)

現役WEBライターの記事の書き方:どうやったら速く書けるのか?

WEBライターのつらいところ

WEBライターのデメリットをあえて挙げるとすれば、下記です。

  • ずっと家にこもりきりになる(僕にとってはメリットでした)
  • 安定感が心配

これくらいしか思い浮かびませんでしたが、人によっては色々とあるのかもしれません。

僕はライターの仕事を気に入っていて、結構楽しく仕事させてもらってます。最初は上手くいかないこともありましたが、慣れると「新しい知識&お金をもらえる仕事」という感覚になるかもしれません。

WEBライターのこれから

WEBライターはフリーランスです。ですので、あまり安定感がありません。

もし今僕のように中々ひきこもっているのであれば是非始めてみて下さいって感じなのですが、仕事をわざわざライターに変えるのであれば、ライターの一歩先まで考えておくと良いかと思います。

どの仕事もそうですが、WEBライターという仕事もいつか無くなっていくのではないかと僕は考えています。AIの時代的なやつですね。

そこで、僕はライターをしながら次の準備をしているんです。このブログを書いていることもその一つです。

ですので、WEBライターを始めるならブログなり投資なり違うスキルを持つことも考えておくことをおすすめします。

ブログの始め方や伸ばし方は、僕も弱小ブロガーながらに解説させて頂いてますので参考にしてみて下さい。↓

副業ブログの始め方・作り方はこちら

記事を書くコツ

記事を書くのにはコツがあります。下記記事で下調べのコツや記事を書く時のコツなどを網羅してまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。慣れてくると誰でも出来るはずです。

WEBライターの記事の書き方アイキャッチ画像ひきこもりWEBライターの記事の書き方:速く記事を書く仕組み作りとコツ

最後に

という訳で、WEBライターのなり方でした。ザクザクっと解説しましたが、あとはやってみると分かることばかりですのでチャレンジしてみましょう!

僕はこのブログで、引きこもりたい方、引きこもりの方に向けて、こんなことをやっているよ、こんなことをやってみたら?という提案をしたいと思っていて、その内の一つに「WEBライター」という仕事がありました。

これからちょいちょいWEBライターに関する記事を書こうかなと思っていますので、興味がある方は是非チェックして下さい。

では次の記事へ!

副業ブログの始め方・作り方はこちら