モチベーションを一気に上げる、ちょっと無理矢理なやり方を紹介します。

モチベーションを上げる無理矢理な方法

モチベーションって中々コントロール出来ないものですよね。僕も定期的に苦しんでは、色んなやり方で乗り越えています。

そして今回は、最近のモチベーションスランプを乗り越えた、ちょっと「無理矢理なやり方」をご紹介します。順を追って書きましたので、ご参考にどうぞ。

モチベーションって何だろう?

まず、モチベーションって何?って話しからです。

モチベーションとは「人が何かをする際の動機づけや目的意識」を指している言葉で、日本で使われ出したのは結構最近のことです。

元々はモチベーションなんて言葉が使われておらず、「やる気」という言葉が使われてたのでしょう。

ゲームにモチベーションが必要無いのはなぜ?

ここから本題の話しなのですが、ゲームってモチベーションが必要ありませんよね。

それって、不思議じゃないですか。ゲームも大変なんですよ。

経験値ためたりする地味な作業があるし、ボスも中々倒せないし、時間かかるし…。

でもずっと出来てしまう。

それはゲームが巧妙に作られているからで、飽きがこないように、適した難易度を常に用意し、派手な演出もあり、ストーリーがあり、大変な作業を苦とさせない何かが多数用意されているからですよね。

何なら、その作業を楽しいと思わせる程です。

なぜやる気が出ないんだろう?

仕事や身につけたいスキルに対する努力はモチベーションを必要とすることが多々あります。

仕事や勉強にゲーム要素が無い訳じゃありません。ゲーム要素はちゃんとあるんです。

しかし、やる気が出ない。

それに対して、「努力に見合う報酬が無いからだ。」という考えもあります。

ですが、僕はもう一つの原因を知りました。

モチベーションを一気に上げる無理矢理なやり方

ゲームに合って、仕事や勉強には中々なかったりするもの。

それは、「達成感」です。

ゲームは達成感が常にあります。

「あの武器をゲットしてあの強いボスを倒した!うぉっしゃああああああ!」

という感じです。

しかし、仕事や勉強は淡々とした時間が続きます。達成感がある日もたまにありますが、ゲームと比べれば少ないはずです。

そしてこれは、目標設定の話しに絡んできます。

仕事や勉強では目標を設定しているかと思いますが、「その目標をクリアした時に、果たして心から喜べるだろうか?」という点を考える必要があったのです。

僕の話しですが、僕は「月30万文字は書こう。」と考えていました。

僕のライティングペースであれば、真面目にやれば月30万文字は楽勝な量です。

しかし、中々達成出来ていませんでした。モチベーションが下がっていたのです。

そこで僕は、「30万文字を達成して(つまり一日1万文字ペース)、僕はガッツポーズをとるだろうか?」と考えました。

僕にとって一日1万文字というのはイージーなんです。イージーだから、そこには達成感が無く、やっても面白くもなんともありません。

ですので、

「よし、一日2万文字書いてやろう!これを毎日出来たら、マジかよすげぇな自分って思うわ!」となりまして。

2万文字は、一日中ぶっ続けで書かないと達成出来ません。(YouTube活動である動画撮影・編集も挟むので)

不可能な数字ではありませんが、毎日やるとなると中々厳しいのは予想出来ました。

だからこそ、出来た時には達成感を味わえるじゃないですか。

つまり、この記事で書きたかった結論は、

「やる気が無い時は、今描いている目標を倍量にしてみよう。」

ということなんです。

物理的に無理だ!と思うこともあるかもしれませんが、別に考えてみたって損をする訳ではありませんので、是非やってみて下さい。

今、仕事のあとに一日2時間勉強をする目的があるのであれば、4時間に設定してみる。

10ページやろうとしているなら、20ページに設定してみる。

その時に、「いやいやいやwそれはきついwww無理だろうwww」と思えるレベルの目標設定をしてしまうんです。

すると、「もし実際にやるとしたら、どうしたらやれるだろうか…時間が無いな…削れるところはあるか…?」と、頭が勝手に回ってくれます。

不思議なことに、アイデアって意外と出てくるんですよね…脳って凄い。

目標設定を「それは無理やろwww」って思うところまで引き上げる。

是非試してみて下さいね。

このやり方の注意点

注意点として、延々と無茶は出来ません。休息も必要です。

「発火させるのに効果あり」ということです。

もちろん、本当に達成させようと頑張りますし、達成させて下さい。

ただ、達成出来なかった、もしくはその目標設定を維持し続けられないとしてもおかしくないということです。

だって、2倍なのですから。笑

でも、出来れば、疲れて倒れてしまう前に新しい作戦を思いついて、その設定値を変えずいけるようにしたいですね。

僕も頑張って書いていきます。

最後に

という訳で、「目標設定を倍にしてみよう」というお話しでした。

「その前に、僕には私には目標がありません。」という方もいるかもしれません。

その場合は目標設定から始めましょう。(目標が無いといけない訳ではありませんが、あると楽しいですよ。)

目標設定は固く考える必要なんて無いと思っていて、「こうなったらいいな。こうなったら超嬉しいんだけどな。」っていう所を目標にするのが良いかと思います。

「でも無理だなそれは…」って思っても、一旦それに設定してみて、「もし未来の自分がそれを達成出来たとしたなら、一体自分は何をどうやって達成したんだろう?」と考えてみるのもおすすめです。

脳って凄いんですよ。質問を投げかけると、アイデアがどんどん湧いてくるようになってるんです。

是非やってみて下さいね。

では次の記事へ!

「5分だけ仕事しよう…」で乗り切った一日。フリーランスで仕事のやる気が削がれた時の必殺技。

アニメを見ながら出来る仕事と出来ない仕事の違い

フリーランスはつらい?対処法を知って備えよう!

仕事のモチベーションがないときはコレをやってみて。作業興奮の効果。

心が休まらない方へ。寝る前に読書する習慣を身につけて分かった効果。

村上春樹流・すぐに作業を始める最強の方法