思考ドライブ

ブッダの結論は「世の中のもん全部、苦なんや」ってことを受け入れろってこと。

time 2017/09/19

スポンサーリンク


ブッダの結論は「世の中のもん全部、苦なんや」ってことを受け入れろってこと。

どーもこんにちは!

思考ドライブのスギノタカノブ(@tknbsgn)です(=゚ω゚)ノナムナム

 

今回は仏教の創始者であるブッダの教えの中で、

つまりブッダは何て言ったのかをシンプルにたった一つにまとめました。

世界中に教えが広まったすごい人、ブッダの生き方とは??(´▽`)

 

sponsored link

ブッダは裕福な生まれだった

 

ブッダはシャカ族の王子に生まれました。

その時に占い師がうんたらかんたら、この子は世界を変えるぞうんたらかんたら

ってうっさーーーーーーーい!!!!!!!

 

まずはじめに言わせて頂きたい。

僕は仏教、というよりブッダが結構好きです。

 

そして、なんだあの世だなんだブッダは仏だなんだ、

マジやかましいと思っています。

 

というのもですね、別にブッダの教えの大事な部分なんてスピリチュアルがどうとか関係ないと思っているのですよ。

なんかもうやたらめったら誰か付け加えただろコンチクショウと思っているのですよ。

ブッダは本当にそれ言ったんかというような内容がいっぱい誰かくっつけただろと思っているのですよ。

 

という僕の大前提を踏まえた上でもう一度・・・

 

ブッダはシャカ族の王子に生まれました。

何不自由なく暮らしていましたが、なんかおかしいぞと思っていました。

「病気で苦しむ人おるし、なんか生きるの辛そうやし、皆幸せになる方法探そ~。」と思って、

ブッダは王子を放っぽり出して、修行者になることにしました。

 

ブッダは苦行を「意味無いわこれ」と結論づけた

 

ここからですよブッダの面白いところは!!

ブッダは修行者になってから、苦行を行いまくったんですよ。

 

そりゃもう「骨と皮」だけになるまで苦行に苦行をしたんです。

その末に「意味無いわこれ」と結論づけたんですよ。笑

 

なんなら、「悟りたいしまずは健康になろう」っつって乳粥を食べ始めたんですよ!!

 

いやー、良いですよブッダ。

賢い。

苦行なんかしても一向に幸せにもならない、誰も助けられていないことを理解する頭がブッダにはあったのです。

 

ブッダの結論は「一切皆苦」だった

 

ブッダは健康になったあと、木の下でしばらく真剣に瞑想して考えました。

「世の中ってなんなんやろー。」

「どうやったら幸せになれるんやろー。」

 

悩み悩み考え、ついにブッダは悟りました。

 

「この世界は全部苦しみなんや!!」

 

俗に言う一切皆苦というやつです。

そして全部、空、つまり実体の無い妄想のようなものだと結論づけました。

 

全部勘違いみたいなもので、全部苦しみでっていう、

ある意味悟りたくないようなことを悟ってしまったブッダ。

 

ブッダは欲を捨てることを説いた

 

その悟りによってブッダは結論づけました。

 

「欲の量が苦しみを生む。欲張らない、気にしない、不安がらない、今を生きる生き方を皆に教えよー。」

 

で、長年教えてまわりまくって亡くなりましたと。

 

これが僕の解釈するブッダです。

これがガチガチ仏教勢的には、

途中で悪魔がどうだの、予言がなんだのああだのこうだのってくっついてくるんですけど、

真実はさておき、僕はそんなのどうでもいいと思っていまして。

 

大事なのはブッダの結論。

そしてブッダが説いた行動、欲張らない、気にしない、不安がらずに今を生きていこうよってところがブッダが伝えたことやろ、と思っているんですね。

 

ブッダの生き方は捨てる生き方

 

このブッダが説いた生き方が、今で言う「ミニマリストやんけ」となりまして。

ミニマリストたちは悟りを開いたやつらなのだな・・・笑

 

欲張らない=世の中の全てが苦なのだから、欲張るほど苦しくなるよ、欲しい欲しいと考えず、足りてることに意識を向けよう。

気にしない=世界ってあってないようなもんだよ。どうせ全てが移り変わり消えていくよ。全部消えるのだから、何も気にすることなんかないよ。

不安がるな=世界には「今」しか存在してないよ。今できることを今やる。その積み重ねだよ。明日に不安がらずに、今にだけ集中しようよ。

 

というのが僕が受けたブッダの教え。

これ、全部が全部この通りにすべきだとは思っていなくて、

欲をもつことで人間は発展していくのだから、それはそれでいいと思ってます。

 

ですが、欲に苦しんでいるのなら、それは考えもんだよとも思うんです。

皆から羨ましがられたくて謎の努力を重ねて、でも輝かなくて苦しいみたいなのはソレです。

 

でも誰かに喜んでもらうことで自分も喜べるみたいな感じなら、きっと前向きに欲を使えるはず。

そういう感じ。

 

しかし、そんな欲すらも全部苦しみの一部。

喜びとは苦しみの反作用なだけ。

喜びがあって苦しみがあるんじゃなく、

苦しみと苦しみからの解放(喜び)があるだけ。

 

だから、どんなに喜びだけで満たそうとしたって、人生でそれは起こりえないよ~苦しみを受け入れろよ~ってなわけですね。

 

ちなみに今回ブッダのことを書いたのは、この本をオーディオブックで読んだから。

 

久しぶりにブッダの思想に触れよう~と思って購入。

しばらく聞いていました。

 

良い意味でつまらないんですよ。

だってブッダの言ってることって結構当たり前のことが多くって。

 

でも、そんな当たり前のことが結局大事なんだよな~と思わされる一冊です。

 

そんじゃまた(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク


sponsored link

down

コメントする




思考ドライブの中の人

杉野 貴信

杉野 貴信

・石川県ブロガースギノタカノブ
・合同会社 CYPHER ARTS STUDIOの代表
・月10万円で生きている節約人
・プロWEBライター
・【思考ドライブ】では効率化、節約、便利グッズ、思考、ダイエットなどを書いていきます!

フォローしておくか

Count per Day

  • 24071総閲覧数:
  • 97今日の閲覧数:
  • 250昨日の閲覧数:
  • 12513総訪問者数:


sponsored link