嫌な気分になったら、この二つをやってみて。シンプルだけど効果は絶大です。

なお 嫁 ジョギング 空 快晴 海

イヤな気分になったらやるべきこと。

それは【食べる】と【寝る】ことです。

食べるという行為は非常に幸福と関わりがあると思っています。

美味しい物を食べれば、誰だって嬉しいですよね。

イヤな気分の時に食べたら不味い、なんてことはもちろんなくて、イヤな気分の時でも変わらず美味しく、気分を持ち上げてくれます。

大事なのはバランスだと考えていますので、下がったバランスを持ち上げるには【食べる】は大事。

インベスターZの一コマにもありましたね。

イヤな時は食べる。同意です。

次に【寝る】。

寝ると回復します。

睡眠って凄いですよね。回復方法の頂点だなと思います。

イヤな気分になり、美味しい物を食べたら、これでもかってくらい寝ればいいんです。

もう、イヤでも回復してしまいます。笑

失意のどん底というなら、1度寝たくらいじゃ回復しないかもしれませんが、それでも回復するための基盤になるのは間違いありません。

心と体は繋がっていますし、体力がないと心だって回復しにくいです。

ウチの親は、よく食べていっぱい寝なさいと昔くら言ってましたが、最近その意味をよく理解出来るようになってきました。

案じてくれてたんですね。ありがたい。

イヤな気分になった時は、食べると寝る。

これを徹底!

僕は嫌な気分じゃなくても、好きな物を自炊で食べて、いっぱい寝てますので、めちゃ元気ですよ(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

では次の記事へ!

ほっと一息つける。睡眠前にすると休まること4つ。

細かいこだわりを!メガネ収納ケースも、部屋の大切な一部です。

断捨離でキッチンをスッキリ。スポンジとタッパーとさよならしました。