眼鏡を拭くだけで、人生は変わる?その行為の裏にあること

眼鏡を拭く行為

僕は普段は眼鏡をかけています。視力がとても低いので、眼鏡orコンタクト生活なんです。

外に出る時はコンタクト。家にいる時は眼鏡なのですが、自宅仕事マンなので眼鏡をかけて生活している時間が圧倒的に長い。

一日中眼鏡をしていると、やっぱり汚れもつきますし、埃もつきます。

その埃や汚れを放っておいても、別に困ったりはしません。

ですが、僕は毎日寝る前に拭くようにしています。

眼鏡を拭いて明日を綺麗にする

眼鏡を拭くという行為を、僕は明日を綺麗にする行為だと感じて行っています。

僕達人間は、かなりのエネルギーを視界に使っている。つまり、視界の情報で生きていると思っているんです。

そんな大切な視界が曇っていては、どうして良く生きられるだろうかと僕はきっと思ってるんでしょうね。(よく分かってないんだけども)

眼鏡を拭いて、明日を綺麗にする。それは物理的な話しだけじゃなくて、心の在り方にも響いているなと感じています。

明日を綺麗にしているんだと感じて行うその行為が、明日も良い日にするぞと自分に言い聞かせているようなのです。

眼鏡を拭きだしてから、毎日が良くなったと感じていますし、きっと誰がやっても同じように感じられるのではないかと思っています。

もし感じなくても怒らないでね。

眼鏡にありがとうと言う

拭き終わった後は、眼鏡のお家である眼鏡ケースに置きます。蓋は閉めずに、まるで台座のような眼鏡ケースに置きます。

僕が使っている眼鏡は嫁に何かのプレゼントで買ってもらったもので、(覚えてなくてごめんね)とても大切なものなんです。

なのに、僕は荒々しく扱ってきました。普通に放置して、埃だらけ汚れだらけで使っていたんです。

そういう所に、人の本当の姿、心が出ちゃうんですよね。

今は拭きますし、ちゃんと眼鏡のお家もあります。大切にしています。

そして、置いた後に、心の中で「今日もありがとう」と言っています。

この効果が本当に凄いんですよ。相手は眼鏡。つまり物。なのに、ありがとうと言ったら喜んでくれるんです。

何言ってんだこいつって思う方、まぁやってみて下さい。ありがとうって言うから。言うんだよ本当に。言わないんだけど言うんだよ。

仮にありがとうって言われなくても、ありがとうって言った瞬間、心が満たされるのを感じられるかと思います。

ありがとうって、相手に言うものだけど、もしかして自分に言っているのかもしれませんね。

いや、ありがとうって言ってる自分マジ素敵みたいな感覚なのかもしれません。

一日の終わりを自分に伝える

ありがとうと言った後、本を読む時間が始まります。

本を読みながら、徐々にまどろんで、ウトウトし始めたら寝ます。

この一連の流れをとても大切にしていて、一日が終わったよ、お疲れ様と自分に行動で伝えてる感じなんです。

こんな事をしなくても一日は終わりますし、別に寝られないという訳ではありません。

ですが、一日の終わりの満足度が全然変わります。雲泥の差です。

心がほくっとして、安らぎがある感じになるんです。

眼鏡を拭くという行為だけでこの安らぎを作っている訳ではないのですが、眼鏡を拭くという行為も大切な1ピース。

欠かせない行為なんですよね。

是非やってみて欲しいと思います。

今日も眼鏡ちゃんありがとう。

そういえばあだ名が無いな…ゾフの眼鏡だから…ゾーちゃんにしよう。そうしよう。

ではまた明日…。