「好きなことを仕事にするな」は間違い。距離感をとるのが正解です。

好きなことを仕事にするな

好きなことを仕事にするなという話しがありますが、このことに関して僕の意見を書いておきますね。

「好きなことを仕事にするな」の意図

「好きなことを仕事にしてはいけない」という意見があります。

好きなことを仕事にするのが最高の人生だという意見もあります。

杉野貴信

どっちやねん

って僕も思っていた時期がありまして。(笑)

単純に、好きなことを仕事にすることは素敵なことです。

好きなことを延々とやり続けられるのですから。

ただ、好きなことを仕事にするな派の意見としては、

  • 好きなことでも強制されると嫌いになることがある
  • 好きなことはお金にならない
  • 挫折しやすい
  • 冷静な判断が出来ない
  • オンとオフがなくなる
  • 好きじゃないことが成長につながる

という意見です。

どれもこれも、

杉野貴信

うんうん分かります

って感じです僕は。

ただそれでも、僕は好きなことを仕事にすべきだと思っておりまして。

好きなことを仕事にする目的

好きなことを仕事にしたい!と考える方は結構多いはずですが、その目的はとにかく、

杉野貴信

毎日ハッピーに過ごしてぇ

というものだと思うんですよね。

そして、毎日ハッピーに過ごす為には「好きなことを仕事にしたらいいんじゃないか?」と考える訳です。

僕もこれ同意です。

だって好きなことを仕事にしたら、毎日ハッピーじゃないですか。(笑)

でもでも、先述した弊害は本当に起こりうることで、実際に好きなことが嫌いになることは少なくないんじゃないかと思います。

そこで、好きなことを仕事にするのなら距離感を大切にすべきだと僕は思うのです。

好きなことを仕事にする時の距離感

好きなことを仕事にすると、本当にオンとオフがなくなります。

ひたすら一日中、休日だった日までオンのままです。

僕はこれを悪いことと思いません。

杉野貴信

オンにしていたいのなら、オンでいいではないですか

ただ、実際に好きなことを仕事にしてみたところ、オンのままでは疲れるなぁと感じることもあるのでしょう。

杉野貴信

その時は、オフにすればいいではないですか

好きなことでも、

「やりたくない」

日があっておかしくありません。

しかし、仕事にしてしまうと「やりたくない」では済まないので、オフに日を作ったり、自分にとっての最適なバランスを探ればいいと思います。

僕は今WEBライターをしながらブログを書いたりサイトを作ったりしていますが、WEBライターは好きです。

楽しい仕事だと思ってます。

しかし、一日の全てライティングし続けるかと言えばしません。

これが僕にとってのバランスです。

やりたい方はやればいいですし、バランスとれないのなら重心をずらせばいい(*´ω`)


あと、お金にならないという意見もありますが、お金になる方法を考えて、綿密に準備をしないとそうなるのではないかと思います。

元々稼げるルートがある内容じゃなければ、そりゃー大変ですよね(;’∀’)

好きなことを仕事にすること自体は素敵なことですが、無謀に挑戦して、ダメだった…ってなって、「好きなことは仕事にしてはいけない…」って言うのは間違いかと思います。

それは好きなことを仕事にしたからではなくて、ちゃんと道を作れなかったからアウトだったとしか思えません。

好きなことを仕事にするのなら、メインの収入を何処かで得ながら、少しづつ準備をして、崩れないように積み上げてから、完全に移るのがおすすめです。

貯金があることも大切ですしね(*´ω`)


お店を…例えば服が好きだから服屋さんをやろうってなったとして、貯金をして、色んな勉強もして、いざ開店したけどお客さんが来ない…っていうパターンが想像出来ると思うんですよね。

で、こういう事前に予測出来ることはほぼほぼ当たるかと思っています。

普通に起こりうることですよね(;’∀’)

だったら、大好きな服屋さんをする前に、何か違う形で自分自身を売っておくのもいいかと。

例えばファッションブロガーとして人気になってからやるとか。

あとは…店舗を構えずにネットショップから始めるとか。

そうやって少しづつ「土台」を作りながら進んでいけばいいのではないかと思うのですよ。

土台作りの段階で上手くいかないとしたら、その先に進まなければOKだから大失敗もしません。

別にファッションブロガーじゃなくても…バンドでそれなりに有名だったらいいかもしれませんね。

何か他の事で上手く活用出来ることもあるかもしれません。

細かい事はさておき、そのお店にお客様が来ない訳がない状態を作ってから始めたらOKですよねと。

あと、他に副収入を作ってからというのもいいですね~。

定休日もとれないような、切羽詰まった状態になると、最初にあったような意見が現実になってしまいますから、イイ感じの状況作りをしたり、事前にどんな戦略でやっていくのかをよく考えれば、僕は「好きなことを仕事に」しても、きっとハッピーだと思います。

(服屋さんは販売員でしか働いたことがないので悪しからず)

まとめ

という訳で、「好きなことを仕事にするな」は間違いだと思うよ、というお話しでした。

でもね、合ってるなって思う部分もある。

それは、悲しいかな「ほとんどの人が出来ないだろなぁ」と思っているから。

失礼でごめんなさい。

でも本音です。

だって無謀なんだもん…やり方が…。

とりあえず店構えておけばお客さんは来るなんて幻想ですからね…。

週一回二回のペースで活動して、なんか大きな流れが来てから移るとかすればいいのではないでしょうか。

もしかしたらこの意見には、「それじゃ上手くいくものも上手くいかないんだよ」という意見が出るかもしれませんね。

その意見の方には何も言いますまい…。

やってみて下され…。

因みに、僕は今はまだネットショップで雑貨屋さんを運営中ですが、もうそろそろたたみます。

ですが、悲しいかな利益が生まれ始めたね~というタイミングでたたみます。(笑)

利益が出ても、僕は普通にたたみます。

これじゃないなと思えば、僕はすぐやめますから(*´ω`)笑

この「すぐやめる」が出来ない状態ってのも大変なことなので、仮にお店を構えたとしても「いざという時はどうにでもなる」状況を持っておかないと、しんどいことになるかと思います。

最後に一文にまとめますと、「好きなことを仕事にするなら、入念に準備し、戦略・計画をバッチリ練って、自分はどういう人間でどういう状況になったらまずいことになるかも理解した上で、焦らずに焦らずに頑張りましょう」というのが僕の意見でございます。

失礼な言葉も交えましたので、読んだ方で気分が悪くなる方もいるかもしれませんが、本音でぶつからせて頂きました(*´ω`)

好きなことを仕事にしたい方のお役に立てれば幸いです(*´ω`)


因みに、自分の好きなことが分かんない!俺は何がしたいんだあああああ!という方は、こちらの本をどうぞ。

きっと役立ちますよ(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です