朝風呂と夜風呂どっちがいいの?→朝風呂はデメリットだらけだった。

夜ご飯

朝風呂はデメリットだらけだなと、二か月程毎日朝風呂に入って僕は判断しましたので、詳細を記しておきます。

朝風呂を始めた経緯

  • 朝に楽しいイベント(朝風呂は楽しい)を用意したかった
  • 朝からポカポカになったら快適に過ごせるんじゃないか?と思った
  • 冬だったので、朝寒すぎて温めたかった

朝風呂を始めた経緯はこんな感じです。一番大きい理由は一番目の「楽しいイベント」理由ですね。次に寒すぎたが来ます。そして、二か月程朝風呂をやってみた訳です。

朝風呂で感じたメリット

  • 朝起きる苦痛が減った
  • 夜風呂も入っていたが、朝風呂に入ると一日清潔な気がしていた
  • ポカポカでスタートした

メリットは以上です。とにかくポカポカで冬の朝をスタート出来るので、そこは良かったですね。

しかし!そこが落とし穴だったのですよ…( ̄□ ̄;)

朝風呂で起きたデメリット

  • 朝風呂から30分程経過すると、体が重くなり始めてピンチ
  • 時間がとてもかかるので、早起き必須
  • ガス台が30%増しになって家計に響いた
  • 夜風呂も入っていたので、無駄な事をしていた

朝風呂について気になっている人は「朝風呂と夜風呂、どっちがいいんだろう?」とか、「朝風呂ははげるの?」とか、「朝風呂の健康効果は?」とかとかを知りたいようなのですが、断言します。

「朝風呂」はデメリットだらけです。

まず、美容的・はげ的な話しで言えば、朝風呂だけにすると絶対に悪いです。睡眠している間、頭皮や肌が汚れっぱなしの状態になりますから、悪いのは当然です。これはネットでも様々な情報が見られるので、ここで詳細は書きません。

次に、家計的に朝風呂は悪いです。家族が夜風呂に入っていて、自分だけ朝風呂なんてかましたらガス代アップは間違いありません。

節約大好きマンな僕からすると、これはかなり痛い部分ですね。

次に、朝の貴重な時間がとられることもデメリットでした。朝の用意スピードを大切にしている僕にとって、朝風呂はやってはいけないことでしたね…。

最後に、一番のデメリットだった「体がその後重くなる」現象。これが一番の「朝風呂をやめた理由」です。

お風呂に入ると交感神経的なアレがアレしてしまって、体が「くつろぎモード!くつろぐぞ!」ってなってしまいます。これマジです。実体験です。

ですので、朝風呂はおすすめしません。夜風呂だけにして、朝はシャワーまでにしましょう。因みにシャワーは眠くなったりしませんし、なんなら体を起こしてくれる良い刺激となってくれます。

とはいえ、夜に汚れているまま睡眠をするのは良くないので、夜風呂+朝シャワーがいいですね。

まとめ:より良く生きたいなら朝風呂はおすすめしません

そんな訳で、朝風呂はおすすめしないのです。しばらく試してみて良かった。今後はもうしません…。どれだけのパワーを無駄にしたのか、恐ろしい…。

朝からポカポカになるのは良かったのですが、別の方法で対策をした方がいいですね。シャワーを浴びるだけでもイイ感じになりますし、エアコンなども駆使したいところ。

体が冷えると健康に悪いのは間違いないので、気温対策は必要だなと感じます。